チーム カケル*介ドル まるこ

福祉をクリエイティブにあそぼう チーム カケル隊長まるこのブログ

長男の赤ちゃんがえり

上の息子を長男

下の息子を次男

と、ここでは書かせていただきますね。

 

次男が産まれて2ヶ月。

2歳4ヶ月の長男は、私が妊娠中はイマイチ赤ちゃんのことは理解ができておらず、産まれてから、おそらくビックリしたことでしょう。

言葉のゆっくりな長男が

「赤ちゃん」と、すぐに言えたのはびっくりしたのと、嬉しかったのと。

 

でも、退院してすぐに長男の変化があった。

 

まず、家で昼寝ができなくなった。

赤ちゃんを抱っこしながら寝かしつけるのが、たまらなく興奮させるようで、全然ダメで夕方に寝落ちパターン。

 

夜泣き、しかもすごいやつ。

産まれた時から、夜泣きなんかほとんどなかった長男ですが、すごかったです。いやいや!と夜中に延々と泣く日々。

痛々しいというか、環境の変化をことばにできないのが、夜泣きに注がれてる感じでした。

 

きわめつけは、お母さんに甘えられない。

入院中、お父さんと一緒にいることでもきっと、何かしら変化を感じて不安だったのに、お母さんが退院してきたと思ったら、いつも赤ちゃんを抱っこしている。赤ちゃんをどう扱っていいのかも分からない長男は、お母さんに、抱っこもぎゅーも言えなくて、そのぶん、お父さんへの甘えがめちゃくちゃすごくなってました。

これは母も辛くて、長男と泣いた日もありました。

 

 

以上が、次男が産まれてからの長男の赤ちゃんがえり。

どれも1ヶ月もすると落ち着きましたが、まだまだこれから何かあるかもと。

自分の気持ちを言葉にするのが苦手な長男だからこそ、小さな変化を見逃さないで、揺れる心に寄り添えたらなぁと思っています。