チーム カケル*介ドル まるこ

福祉をクリエイティブにあそぼう チーム カケル隊長まるこのブログ

久々に、、、あの人!

昨日は、ラジオやイベントをいつも一緒にしていた、尊敬すべき妄想番長と(笑)ミーティング。

f:id:sato0604:20171121133129j:image

育児ばかりの毎日に、ちょこっと刺激。

まだまだ、やりたいことはあるし、福祉のこと、人と人をつなぐこと、遊んでいるようにみえる仕事(笑)やりたいです。

久々にそう思ったのです。

 

長男の療育の保護者の中で、最近、

子どもが療育に通っていることを、幼稚園や保育園に言うか言わないかというのが話題になりました。

 

はっきり言った方が楽やでーという方もいる反面、子どもがいじめられたり、障害者という目でみられるのが不安で、言えないお母さんもいた。

 

わたしは、こうしてブログでかくくらいオープンにしているし、〝公にする派〟

もちろん、会う人会う人に言うわけではないけれど、隠すってこともない。

 

前もブログにかいたけど、発達障害かもしれない子が近くにいることや、もし親に何かあったとき子どものことを知ってて助けてくれる人がいることが心強い。

長男は、まだそれについて、どう思うかはわからないけど、自分のこと卑下したり恥じないで欲しいから、恥ずかしいことじゃないんやでって伝えたい。親として。

 

でもそれは、もちろん私の意見で、子どもの療育を〝隠す派〟の方も、そこには子どもを想う愛情がめいっぱいあるんやと思う。

 

そのことを妄想番長と話してたときに

「でもこうして長男のこと教えてくれることによって、長男くんが大阪にいくから心配やしご飯食べさせてやってーとか言われたら、僕ももちろんオッケーやもんね」

って言ってくれて、なんか嬉しかったのと、そうよなーと。

 

「どんな人でも誰かに甘えられる人が一番強いよね。助けてーって言えること大切よね。」

そんな結論に。

発達障害のことも、何かしたいなーと言うてました。

 

f:id:sato0604:20171121134911j:image

育児脳がパーンと開いて、

あれがしたい!これがしたい!

が飛び出してた昨日でした。

 

ありがとう!妄想番長ー!