チーム カケル*介ドル まるこ

福祉をクリエイティブにあそぼう チーム カケル隊長まるこのブログ

それぞれを受け入れる

今日は五山の送り火

今日がお盆の終わり。

家の中は夏休みで相変わらずわちゃわちゃ。

それでも可愛くてたまらない子どもたち。

(もちろん、わちゃつきすぎてキレそうなときも

多々あり。笑)

f:id:sato0604:20180816214750j:image   

次男は兄の後ろをついてまわり、

いいことも悪いことも全部真似ていく。

f:id:sato0604:20180816214708j:image

真似れるってすごいことよ。

一年前は首も座っていなかったのにね。

 

3歳半になった長男の話し方みて、我が家にとっては

いつものことやけれど、きっと周りからみると、

「え?あの子何話してるの?」

と思われてることもあるやろうなと思う

この頃。

背が同じ年の子より少し大きいから、

余計に目立つ。

きっとこれからはもっと。

 

言葉の半分以上が宇宙語。

そして、急に大きな声をだしたり、嬉しくて

ぴょんぴょん跳ねることもあるし、親もビビる。笑

言葉については、私はほとんど聞き取れるけど、

それでもわからないことがあるわけで。笑

f:id:sato0604:20180816215153j:image

ある日、Eテレでやっていた文言がこれ。

キミのふつう

 

散々ここではふれてる、〝ふつう〟という言葉。

 

みんなそうやから 

 

そういう言葉、今ではめっぽう好きじゃなくなったのは、

長男に影響を受けてるからかも。

 

それぞれのふつう

ワタシのふつう

キミのふつう

 

全部違う。

 

長男の宇宙語の中に、泣いたり笑ったりの中に、

気持ちがあることを、無視せずにいたいと思うのは、

ワタシのふつうではない、

長男のふつうがそこにみえるから。

 

人からどう見えるやろうと思ってしまう時点で、

きっとまだまだ未熟な母やけれど、

それも含めて笑い飛ばしたる母になるでー!

f:id:sato0604:20180816220136j:image

毎日、ゴロンと横になったわたしの体に、

飛び乗ってくる彼ら。

いつかお腹の肉ぺっちゃんこなるんちゃうか

と思うけれど、大きくなったなぁと心の中は

ちょっとあったかい。

 

と言いながらも、はやく幼稚園はじまらへんかなーと毎日思っております(´-`).。oO笑