チーム カケル*介ドル まるこ

福祉をクリエイティブにあそぼう チーム カケル隊長まるこのブログ

うらやましがる

秋はイベントが多い。

長男の親子遠足があって、そのあとに、

幼稚園のお祭りがあった。

f:id:sato0604:20181030102851j:image

以前の運動会のブログでもふれたとおり、

私が幼稚園に顔を出すと、乱れる長男。

私にべったり。

誰とも顔を合わせないくらいべったり。

幼稚園のお祭りでは、他の園児と手を繋ぎ

お歌を歌うみたいな時間があった。

年長と思わしき少年が長男と手を繋ごうと

寄ってきてくれたが、泣きわめく長男。

 

ごめんな、ありがとう。

その少年も傷つくよなと、申し訳ない気持ちに

なる。

 

なんかどこかで落ち込む。

いつもそうだ。

比べても仕方ないと、なんど心に思ったやろう。

 

そうなると次男の成長にすら、

悲しみを覚える始末。

長男ができなかったこと、すんなりとやれる

次男をみていると、障がいというものが

重くのしかかる。

f:id:sato0604:20181030104256j:image

いや、君は今最強に可愛いんやけどね。笑

 

父に会った時に、そんな話をしていたら

「他の子みてたら、羨ましくなるやろう?」

と言われる。

もちろん父には悪気はない。

 

その言葉を聞いて、むちゃくちゃ泣くのを

こらえる自分。

 

そう思ってる自分がいることが、

長男に悪く思えて、封印していた気持ち。

 

共感してくれる人がいること

長男を受け入れて可愛がってくれる人がいること

みんなあることやでと励ましてくれる人がいること

全部に感謝してる。

 

でも、そんなんじゃない。

どう頑張っても、凸凹じゃない子とは

明らかに違う。

 

なんで長男やったんやろう。

可愛いわたしの子どもが、なんで凸凹してるんやろう。

 

 

そう思うことは悪いこと?

 

 

いや、たまには思ってもいいよな。

 

父の言葉はわたしを少し正直にさせてくれた。

 

あかんことじゃない。

他の子と比べてしまうことも、

たまにはあっても良いことにしよう。

 

1歳半検診の時の気持ちに、戻ってる自分。

3歩進んで50歩くらい下がってるかも。笑

 

 f:id:sato0604:20181030103653j:image

隣の芝は青く見える。

他の子ができることは、長男にはできない。

でも長男のできないことにも魅力が

いっぱいあるのを、わたしは一番知っている。

 

長男も、もちろん次男も、何かに悩んだら

知ってる彼らの良いところ、たくさん伝えよう。

 

 

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

FM GIG  

介ドルまるこのおしゃべり介ドルさん。

日曜の19時半〜20時

f:id:sato0604:20181030101720j:image

高齢者介護からはじまったわたしの福祉。

知れば知るほど面白い。

福祉に関わる人たちの話は、いろんな人が

いる、それがいいんやと教えてくれる。

10年以上、福祉に携わりながらも、

知らないことがいっぱいある。

でも、私はあえてゆるくやります。

世界一ゆるい福祉ラジオ番組。

よかったらお聴きやす♡

世界中どこでも聴けます。

→  http://www.fm-gig.net/smf/

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●