チーム カケル*介ドル まるこ

福祉をクリエイティブにあそぼう チーム カケル隊長まるこのブログ

3度目の長男発達検査

1年ぶりに受けた発達検査の結果、

長男は現年齢より2年成長がゆっくりさんなことが判明。

去年より発達年齢も発達指数も変化がなかった。

現在4歳3ヶ月→発達年齢2歳2ヶ月

 

次男1歳11ヶ月

これじゃ双子育児やん笑

 

しかし、聞いた直後は笑えることもなく、数字に

されると衝撃が大きくて、長男をぎゅーっとして

泣いてしまった。

泣いてはいけないと思っていたけど、なんかもう

そんな時があってもいいやと思って泣いた。

 

長男が可哀想で泣いたんじゃない。

どこかで、自分が責められてる気がした。

かわいい子どもに、十分なことがしてあげられて

なかったんじゃないかと思った。

 

f:id:sato0604:20190614114708j:image

個別療育の先生には、幼稚園から療育園の転園を

提案していただき、先週一週間は、幼稚園との

面談や、療育園への見学など、あわただしく過ごし、

今がきっと長男の分岐点だと責任を感じつつ、

落ち着かない日々を過ごしていました。

 

結果的に、主人や周りの人たちの意見を参考に、

今通ってる幼稚園に一人長男の補助の先生をつけて

いただけることになり、今後も今の幼稚園で

お世話になることを決めた。

 

療育園は先生の数も多くて、目も行き届いていたし、

きっと長男の特性も理解してくれると思う。

 

でも、4月から年中さんがはじまり、私に家では

べったりな毎日が続き、ここ最近やっと、私から

離れる時間も増えたり、落ち着いてきたような

気がしている。

そして幼稚園も今回ゆっくりお話をさせて

いただいたことで、本当に長男のことを想って

見守ってくれてはるのがわかったから、

人が10できること、2でも3でもいいから…

今は環境をかえず幼稚園での成長を見守りたいと

思ったのです。

 

f:id:sato0604:20190614115848j:image

我が家の兄弟

一緒に食後のフルーツをたべて

「にいに、おいしいねー」と次男。

長男はなかなか気付かないから、

「次男くん、おいしいねー!いうてるで?」

と、私が通訳をはさむと

「おいしいね!」

とやっと言うことができた。

 

人に興味がないといわれる自閉症スペクトラム

疑いの長男。

ほぼ毎晩、次男の手を引いて、ソファで

ジャンプするのが好き。

たまに次男が嫌で泣いたり、着地が悪く顔から

畳に落下(笑)

そんなとき、次男の表情をみること、跳ぶ位置を

考えることを伝えるのと同時に、

次男くんと遊ぼうと思ってくれた気持ちに

ありがとうと、伝える。

 

お風呂の時、お風呂や湯船を泡でいっぱいに

したい長男。

でも泡がいっぱいがこわい次男は、泡を見ると

お風呂からでたがる。

「今日は次男くんも一緒にお風呂やし、泡は

やめとける?」

と長男にきくと、すんなり泡を出さずに水遊びに

移行。

 

よし、家でも療育できる。笑

 

f:id:sato0604:20190614122354j:image

 

すぐ一喜一憂してしまう私。

でも子どもたちは御構い無しに、成長している。

それぞれのペースで。

 

今回発達検査を受けたことで、大切な分岐点、

改めて今の環境でいいのか考える機会をもらったし、

本当にありがたい時間だった。

 

f:id:sato0604:20190614123113j:image

寝る前に次男が最近

「うれしいねー」

と言う。

 

ほんまやなぁ、とめちゃくちゃ思う。

恥ずかしながら大事なことは、いつも子どもが

教えてくれる。

 

家族みんな元気。

ほんとそれだけで

うれしいねー!

 

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

FM GIG  

介ドルまるこのおしゃべり介ドルさん。

日曜の19時半〜20時

f:id:sato0604:20190614123207j:image

高齢者介護からはじまったわたしの福祉。

知れば知るほど面白い。

福祉に関わる人たちの話は、いろんな人が

いる、それがいいんやと教えてくれる。

10年以上、福祉に携わりながらも、

知らないことがいっぱいある。

でも、私はあえてゆるくやります。

世界一ゆるい福祉ラジオ番組。

よかったらお聴きやす♡

世界中どこでも聴けます。

→  http://www.fm-gig.net/smf/

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●