まるこのぶろぐ

福祉をクリエイティブにあそぼう チーム カケル隊長まるこのブログ

ようこそ、秋

9月に入りました〜

今日から我が家は、幼稚園が午後保育です。

待ち遠しかった!!!

待ち遠しかったのに…いざバスに乗せて

バイバーイとすると、少し寂しい勝手な親です笑

f:id:sato0604:20200903091659j:image

先日の、長男の個別療育の中で、神経衰弱の項目があった。

もちろん数字ではなくて、絵合わせのような

とても簡単にみえるもの。

それでも、じゃんけん→勝った方から二枚めくる

→違ったら裏むけて、同じカードなら自分のもの

→それを順番に先生とやっていく。

この流れが理解できずに、わちゃわちゃとめくりたい

カードをめくり、一緒にやる先生も大変!

でも楽しげな長男をみて、思わず笑ってしまった。

 

ルールって難しいんやなぁ。

私たちの当たり前は、はじめは到底通用しない。

 

f:id:sato0604:20200903124356j:image

おしゃべり上手な次男に何気なく言ってみた。

「ひざって10回、言ってみて」

(言い終わった後にひじを指差して、ここどこ?

と言うやつ。ちょっと高度やけど笑)

 

そしたら

次男「ひざって10回」

私「???」

………正解(笑)

ひざって10回←言うてますよね笑

 

彼らの頭の中の常識や面白さに、私自身が気づかされます。

 

f:id:sato0604:20200903121642j:image

ずっと笑ってて欲しいけれど、笑えないとき

人間って色々考えて、嫌なことも頑張ったり、

意外とできたり、そんなことを繰り返して

大きくなる。

自信もついてくる。

 

ずっと笑ってて欲しいと思ってた。

それは親がみててしんどかったからかも。

 

朝、幼稚園に行く前に

「みんなと歌う、みんなと踊る」って

ベソかきながらいう長男。

 

みんなが歌ったり踊ったりしている姿に、

自分もしなくちゃいけないような気持ちに

なっているのかな。

 

周りが見えてきてんなぁ。

成長やなぁ。

 

f:id:sato0604:20200903120828j:image

人はそれぞれがオリジナル

「踊るも歌うも長男が難しいと思ったらやめとき。

だから大丈夫!好きなことしといでー!」

 

集団に入ると、どーしても誰かと比べてしまう

それは誰にでもある。

でも社会はなんらかの集団やから、

そこから自分を見つけて欲しい。

 

帰り迎えに行ったら

f:id:sato0604:20200903122224j:image

いつも満足げに帰ってくる。

 

泣いてるのを受け止めるときも、

泣いてるけど背中を押すときも、

いつでも味方やって気持ちは変わらない。

それを伝えられればと思う。

 

よし!もうすぐ子どもたちが帰ってくる。

 

 

 

まるこ

 

 

○MaManKYOTOイベント

f:id:sato0604:20200903123247j:image

片付けられないまること是非講座受けてみませんか😍笑

 

○ラジオミックス 奇数週水曜日

正午12時25分〜介護ケ・セラ・セラ

f:id:sato0604:20200903123503j:image

リスラジアプリで全国どこからでも視聴できます。

 

Facebook Live 毎月第3金曜日

21時半〜22時 今夜きいてみました

f:id:sato0604:20200903123606j:image

今月のテーマは「それぞれの推しの一曲」です♡

 

 

○凸凹じぶんナビとことこさんで

コラム掲載しています

f:id:sato0604:20200903123844p:image

よかったら検索したください♡

 

大人の真似が子どもは上手

次男が、お絵かき遊びをしながらいいました。

「お母さんのところにうまれてくれて、ありがとう」

f:id:sato0604:20200816150438j:image

……!

よく寝る前、私がいうやつ。

よー覚えてるし、なんか逆に聞くとドキっとしました。

 

次男が怒ると、

「もうしらん!勝手にし!もうしらん!」

といいます。

 

これも、私のキレたときのやつ。笑

真似するのうまいなぁと、それはもう笑ってしまう。

 

なんやかんや、夏があっという間におわる。

今年はあんまり暑さ感じなかったのは、

我が家は、あんまり外に出てへんかったからやろな。

 

f:id:sato0604:20200816150808j:image

去年は水遊び三昧やったけれど、

今年は水遊びもほどほどに…短い夏休みも終わり、

明日からは午前保育スタート。

早く始まってくれる幼稚園に感謝です。

そしてそして、夏休みにオムツが完全に取れた長男。

おめでとう!

 

 

f:id:sato0604:20200816151015j:image

お盆中に、子どもに隠し撮りされた写真。

今年のお盆は、例年のお盆とは形をかえて、

お寺も工夫。

新しい生活習慣のひとつなのかな。

 

そして、私もこの新しい生活習慣に、

新しい自分になりたくて、先日Facebook

インスタグラムで宣言したのはこれ。

(みにくい笑)

f:id:sato0604:20200816151425j:image
f:id:sato0604:20200816151430p:image

ラジオのパーソナリティーになります宣言!

 

厳密には、コミュニティラジオや、

インターネットラジオ

させていただいていたんだけれど、

今存在するラジオ局の中でパーソナリティーとして

挑戦したい、やりたい気持ちが膨らんで、

これはやらなくてはという気持ちになりました。

 

個別にメッセージをくれた方や、

相談に乗ってくださった方、

今色んな方と話をさせてもらっています。

少しずつ、宣言したからには、これをやろう、

次はこれやなと、おしゃべりの勉強をしつつ、

動き出す準備段階。

気持ちをくれた、みなさんに感謝しています。

 

f:id:sato0604:20200816151938j:image

2013年につくったラジオのフライヤー

これが私のスタートであり、

ある意味今は第二章です。

カッコよく言えば(笑)

 

私の持論やけど、

二頭追うものは一頭も得ず

 

いや、追いたいもんは何頭でも追え

なんか手の中につかんでる

 

笑笑

 

f:id:sato0604:20200816152746j:image

もっと自分が大人になっても、どう生きてたいかを

考えた。

子どもの手が離れたとき、私は何をしてたいかな。

 

今してること、やってきたことも大切にしたい。

 

でももっと大切にしてもいいこと、

自分の気持ち。

誰がどう思うかじゃなくて、自分の気持ち。

 

案外向けられてない気持ち。

自分の気持ち。

(しつこい笑)

 

f:id:sato0604:20200816152943j:image

自分のやりたいこと、気持ち、人との違い、

自分が自分でいいってこと、感謝。

やっぱり、二人に一番に感じてほしいなとは思う。

 

まるこ

 

 

 

MaMan KYOTOのイベントはこちら

f:id:sato0604:20200816153216j:image

 

新しくはじめるのはこれ

詳細お楽しみに!

f:id:sato0604:20200816153322j:image

 

3時間の戦い

前回のブログにコメントありがとうございました。

なんだか、あるがままって恥ずかしいけど、

それをみて何か感じてくれた人がいたのが嬉しかった。

これからも、ありのままで、あるがままでいきます笑

 

f:id:sato0604:20200803130407j:image

先日、まぜこぜ@たんごというオンラインイベントで、

MCとして、子育てのぶっちゃけ話、おまけトーク

参加させてもらいました。

 

いやはや、どれも学びがありました。

そして、いろんな方がパフォーマンスをしたり、

音楽を発信されていて刺激を受けました。

 

まぜこぜ@たんごは、自閉症啓発イベントやけど

堅苦しくなくて、美味しい、楽しいイベント。

自閉症啓発の日4月2日が、今年はコロナウィルスの

影響で、どこもイベント自粛を余儀なくされたので、

今回はオンラインで、延期した形で行われた、

まぜこぜ@たんご。

よかったら、検索してみてね♡

アーカイブみれるのが、オンラインイベントの良さです。

あ、また私あるがまま子育ての話してます。

 

f:id:sato0604:20200803130910j:image

2人の子育てと、私のやりたいこと、その他もろもろで

もうお腹いっぱいな毎日。

 

夏休みでさらに、物理的に自分時間もない。

そして我が家が忙しくなるお盆にもうすぐ突入。

 

でも、前回のブログでも詳しく書いたけど、結局、

来年度のことについても、ぼちぼち動けるときに、

考えたり、無理ない程度に動いています。

 

ちょっと、ご飯中の方は読まない方がいいかもな話。↓

f:id:sato0604:20200803131339j:image

小学校にいくまでに、オムツを取れればいいと思ってた私。

そう、そろそろ決心しました。

オムツはもう長男の分はありません←決めた!

 

でも、これでも準備は着々と進めていた。

段階を踏んでの決断。

おしっこはもうトイレでできる!

あとは大きい方だけ!

 

長男は、大きい方は、オムツに履き替えて

踏ん張られていましたが、

「長男、もうオムツなくなったから、おまるでやろう」

予告はちょいちょいしてきたが、

案の定、泣く長男。

わんわん泣く。

「こわい、こわい」を100回以上繰り返す。

 

でももう、一回おまるに座らせたら、ここから引き下がれない。

失敗体験から、次の挑戦はかなりきびしい。

 

f:id:sato0604:20200803131846j:image

がんばるんだ、がんばるんだ

大丈夫、大丈夫

 

「こわい、こわい」をさらに繰り返す。

そして「もうでない!」と一度夕食をはさむ。

でも、その時間も座ってられないくらい、長男は

立ったり中腰になりながらの夕食。

 

そう、大はもう、そこまできている…笑

でも、偉かったのがパンツでは絶対しなかったこと。

 

夕食が終わって、とうとう我慢できずに、おまるで

踏ん張りだした長男。

 

お見事ーーーーーーーな、ヤツに出会えました。

f:id:sato0604:20200803134731j:image

よくがんばったーーーーーーーーー

トータル時間3時間。笑笑

もうこの日は親子共々疲弊です。笑

 

でもそこからは、もう本当オムツとさよなら

できました。

 

初回3時間→2度目は1時間ほど、

そこから何回頑張ったか忘れたけど笑、

ちなみに昨日は泣かずにトイレでできました。

 

「うんちできた!!!!」

嬉しそうに何回も、何回も、教えてくれる長男。

 

怖かったよな、頑張ったよな。

でもほんま一緒に、やったーーーって喜ぶの

私はとても嬉しいよ。

きっと長男もそうやと信じてる。

 

一つ、一つ、成功体験を一緒に味わう。

無理させてるのかもと思う時もある。

なんとなく今私への信用が薄れてる気もする笑

(頑張らせすぎた?)

でも、今長男ができること、頑張れることを

分かってあげれている、ずれてないと信じたい。

 

f:id:sato0604:20200803133000j:image

「にいに、がんばれ!!!!」

トイレに座るにいにを応援してくれた次男。

 

彼は、トイレは完全拒否!!!笑

3歳バリバリおむつ。

でも、何も焦っちゃいない。笑

次男は次男のタイミングで。

 

 

 

 

まるこ

 

 

MaMan KYOTOのイベント目白押しです。

オンラインイベントになります。

お問い合わせは、まるこまで♡

f:id:sato0604:20200803133552j:image

f:id:sato0604:20200803133927j:image

 

 

 

 

 

 

 

腸活と、自爆と、将来と。笑

来年、小学生になる長男坊。

(育成級希望!!!)

f:id:sato0604:20200720125420j:image

親がまず動かなくてはと、小学校のことを調べたり、

育成級のことを調べたり、

放課後デイサービスを見学したりしていて、

1週間くらいむちゃくちゃ動きたおしていて、

ふと立ち止まると、とっても落ち込んでいる私がいた。

(気づくのめちゃくちゃ遅い笑)

 

「お子さんはどんな特性がありますか?」

「お子さんはこだわりや癇癪ありますか?」

 

子どものことを知ろうとしてくれてはるから、

聞かれるのは当然で、ありがたいことやのに、

話しているうちに、段々悲しい気持ちになるのがわかる。

 

でも自分で急いで動いて予定も組んだものやから、

同じことを何度も話していた。

 

特性と、こだわりと、癇癪。

一通り話した。

でもそのあと、聞かれてもないのに、

長男の良いところの話を、おもむろにする私。

聞かれてもないのに!

f:id:sato0604:20200720130140j:image

 

「長男は、本当に優しいんです。弟にも優しくて

手をあげたりしなくて、物なげたりとかしなくて、

親の顔色もよくみたりして、いいとこいっぱい

あるんですよー!」

「納豆も毎日食べるから、便通もすごくよくて

うちでは腸活と呼んでいます。」←誰も笑わない、当然。笑

 

無意識に話していた。

 

長男のことを、特性や癇癪や偏食や、こだわりだけでまとめるのは、あまりにもしんどかった。

 

でも、そう、

この傷は、自爆😭

そんなに焦って動くものではない。

ちなみに放課後デイサービス、申し込みは12月くらい。

もう一回言います。

焦って動くものではない。

 

f:id:sato0604:20200720130250j:image

心疲れたので、

きゅーけーーーーーー

 

 

凸凹があろうがなかろうが、周りの子と比べて

しまうことはきっとあるあるやと思う。

ただ、新しい環境に向かうとき、親だってそうなんやから

いろんな気持ちになって、きっと当然。

 

なんでうちの子なんや…

あぁ、またここに戻ってきてしまってる。

 

でも不安しかなくなったら、その気持ちから

離れるように距離をとったほうがいいのかな。

 

f:id:sato0604:20200720131651j:image

昨日、家で長男と次男の遊びの中で、長男のこだわりが爆発した。

いつもなら、ちょっと様子を見てやりすごすけど、

昨日はギュッと抱っこをした。

 

長男の目からどんどん流れる涙と、大きくなる泣き声。

 

話すことがうまくできひんこと、心の中のこと

私はこうして話すことや書くことで消化できる。

長男のモヤモヤした気持ちは、いったいどこに行くんやろう。

どうか、たまっていませんように。

どうか、きれいにどこかに流れていっていますように。

 

「ここにいろんな気持ちがあるなぁ。お母さん

ちゃんとわかってるからな、ぼちぼちいこな。」

そういって長男の胸元をすっとなでる。

 

まだ涙はとまらない。

 

大きくなった。重くなった。

でもまだ5歳か。

しばらくギュッと抱っこをしていたから、

長男の背中も汗ばんできて、髪の毛も汗いっぱいで、

顔を見たら、泣きはらした目はボンボンに腫れていた。

 

私のTシャツも長男の汗と涙でビッチャビチャ。

 

f:id:sato0604:20200720132308j:image

長男は年長さんになって、きっと幼稚園でも

がんばるタイミングも増えたと思う。

まずは、そこに目を向けないとあかんのに、

私どこみてるねん。

 

長男の涙と鼻水と汗を拭いて、

「お母さんのTシャツ、ビッチャビチャやで」

といったら、笑って私のTシャツの濡れたところを

拭いてくれた。

やっぱり優しい子や!

 

いつもは、長男を抱っこしてたら、僕も!と

飛んでくる次男も、そのときばかりは何も言わず

何か自分で遊んでくれていた。

ありがとう。

 

そんな時間を過ごしたら、私もすごくスッキリして、

どんな道を選んでも、きっと大丈夫と思えた。

 

どんな気持ちも、キャッチしよう。

ハード面を整えることばっかり考えていたけど、

まずは私が子どもの気持ちをキャッチせねば。

 

f:id:sato0604:20200720132722j:image

 

 

みえないもの。

心の中も将来のことも

どう考えてもみえへんから、自分や子どもの心が

向く方に、歩いて行こうと思う。

わたしが歩いた道を、子どもが歩かないことなんて

当然やのにね。

不安になると見えなくなってた。

 

今回、どん底のときに、吐き出させてくれた

信頼してる友達に感謝。

 

 

子どもたちの未来に幸あれ!

あ、子育てするみなさんにも!!!!!

 

一人でかかえたら、あかんえ〜

 

 

 

まるこ

 

 

おならまでだいすき

幼稚園の夏休みがはじまるまでに、なんとか動ける限り

動き尽くさなくてはと、長男の来年の小学校のこと、

仕事とか、いろんな予定を詰め込みすぎたら、

先日、体に赤信号がでました!久々!笑

しかも、そのタイミングで、大雨により幼稚園が

休みになって、旦那さんの協力もあり、

ゆっくりすることができました。

一日寝てた気がする。笑

 

はぁ、人間、我が身いちばん大切にせなです。

調子良いときは、全然気づかない、でも普段から

みなさんメンテしていきましょう。笑

 

f:id:sato0604:20200710084015j:image

先週、次男坊が3歳になった。

ずっと赤ちゃんと思ってたら、もう3歳。

f:id:sato0604:20200710084141j:image

2人が仲良くしていると、嬉しい。

でも長男の小学校のこと、これからのこと考えていると、

起きてもいない不安を感じるときがある。

2人やからこそ、しんどなったり、お互いをうらやんだり、

そんな日がきたとき、どういう言葉をかけようか。

それぞれが、自分の気持ちを大切に、自分の気持ちを

否定せず、暮らしていってほしいなぁ。

 

f:id:sato0604:20200710084648j:image

3歳になった次男坊

生まれたときはこんなに小さかったのに、

昨日は長男の方が早く眠ったから、2人で少し話をした。

 

次男「ぼくの手はすき?」

まるこ「だーいすき」

次男「ぼくの変な顔は?」

まるこ「だいすきやでー」

次男「おとうさんの手は?」

まるこ「…うーん、ふつうかな笑」

次男「ぼくの、おならは?」

まるこ「…だいすきやなぁ笑」

次男「おかあさん、だいすきよー」

 

気持ち悪いくらいラブラブな会話、失礼しました。笑

 

おならの匂いで長男か次男かわかる。

おならがでたら、腸が動いてるんやなぁと思うし

次男のおならは結構臭いけど笑、それもすきやなぁ。

 

f:id:sato0604:20200710085214j:image

そこに元気ないてるだけでいいって、

そういうことなんやろうなと思う。

 

大きくなったら、あれができる、これができる

大人になっても、なんか比較してしまう。

対人ってプレッシャーがかかるけど、本当はそのままで

いいはず。

もちろん私たちも。

 

f:id:sato0604:20200710085802j:image

陳腐なラブレターの一節のようやけど

「おならまでだいすき」

 

 

まるこ

 

忘れたくないこと

6月18日で、大好きなおばちゃんが亡くなって

2年がたった

f:id:sato0604:20200622235226j:image

命日が近くなったとき、やっぱりまだ寂しくて

待ち受け画面をおばちゃんにしていたら

ちょっと気持ちが落ち着いた。

が、スマホ画面がみえたときに、ちょっと視線を

感じる気がする。笑

そらそうや。側から見たら、誰やこのおばあちゃんや😂

まだ2年という感じ

子どもたちをみてると、おばあちゃんに

こんなに大きくなったよと心の中でつぶやく。

f:id:sato0604:20200622225938j:image

二人の成長を心配したり、大笑いしたり

自分の子のことのようにきっと感じてくれてる気が

今もする。

 

子どもたちは今日からお弁当持参で登園

二人ともお弁当完食して帰ってきてくれた。

長男は、お弁当どやった?と聞くと

「チーズたべた」と教えてくれた。

次男は、

「トマトは先生があーんしてくれたよ」と、

嬉しそうに話してくれた。

 

空っぽのお弁当箱が2つ

嬉しくてニヤニヤする。

 

おばあちゃんも毎日、お弁当作って、

中学高校、持たせてくれた。

おかずを残して帰った時もあったな。

「なんで、○○残したん!?」と言ってくるときも

あって、うるさいなーと思ってたけど、

今ならすこしは気持ちがわかる。

今更やけど、ごめんなさい。

 

f:id:sato0604:20200622230712j:image

 

人生一回きりと教えてくれたようなおばあちゃん。

 

毎週、月曜日の夜ある学校に通い出したわたし。

今したいこと

今笑えること

私はどうなりたいか

子どもになにを教えられるか

 

f:id:sato0604:20200622234331j:image

 

人から注意されたり指摘されること

今やからめっちゃ楽しいし、ありがたい。

それをまた考えて、次につなげるためにできることを

実践していくのもたまらない。

 

夢ができたよ

 

育児に専念しないといけない時間かもしれない

時間だけじゃない、お金だってそう

 

でもだからこそ、1ミリも無駄にしたくないと

思える。

 

f:id:sato0604:20200622231616j:image

 

月曜日の夜

「お母さん勉強いってくるね」

というと、家族みんな

「いってらっしゃい」と笑顔で送り出してくれる。

 

帰ってきて22時。

寝室からまだ寝ていない次男の声がきこえる

「にいにー、ぼく、ここかゆいんだよねー」

どこ、かゆいんやろ笑

 

お母さん一緒に寝れへんでごめんな。

寝かしつけ、ありがとう、旦那さん。

 

今日はうまくできひんかったなぁと

すこし落ち込んで帰ってきた気持ちが

一気に上を向く。

f:id:sato0604:20200622232254j:image

まるこ36歳

絶対に夢を叶える!

 

義理の母に、相談したら

「何やるにも遅いも早いもないんやで」と、

言ってくれた。

なんなん、みんな背中押してくれるやん。

感謝の上の上の言葉、誰か教えて。

じわっとくる。

 

36歳遅いかなとおもったけど、こんなに周りが

背中押してくれる、この今がわたしのタイミング。

f:id:sato0604:20200622235226j:image

またでた!笑

 

あんたは幸せやなぁと、おばあちゃんの声がきこえる。

おばあちゃんはなんでも努力で達成してきた人やった。

やりたいことは、やり尽くしてた。

努力しながらも、顔は生き生きしてた。

 

65歳くらいのときに、友達とスイスにいったりしてた。

そんなおばあちゃんが今も誇らしい。

わたしもそんな人生いきるね。

 

f:id:sato0604:20200622233341j:image 

さ、もう寝て、朝はお母さんスイッチオン!

明日もお弁当つくるでー!

彼らが、美味しく食べてくれる顔を想像して。

 

 

まるこ

 

 

皆さん、ご無沙汰ーーーー!!

ほぼ2か月ほど、幼稚園が休みになり

四六時中子どもたちが家にいる時間が

終わりました。

待ちに待った幼稚園がはじまり、

夢にまでみた2人いっしょに登園!!!

バンザーーーイ😍🙌

f:id:sato0604:20200615085559j:image

次男も泣かずにバスに乗っていってくれています。

まだ午前保育だけど、それでも、

数時間の静けさのありがたみ😭笑

幼稚園、先生たちのありがたみ😭

 

そしてまだ、幼稚園でどうしていいかわからない次男が、

長男のクラスにさまよってくると、

長男は手を広げて笑顔で抱きしめてくれたみたい。

あー、泣ける(親バカ)

とにかくはじまってよかった…

そんな生活にまだ慣れず、今朝は次男の上履きを

持たすのを忘れた私も、朝の行動さまよってます。笑

 

f:id:sato0604:20200615090129j:image

正直な気持ちをいうと

子どもたちと過ごす2ヶ月、ほんとにしんどい時もあって。

世界で一番大好きな子どもたちのはずやのに

もう顔も見たくない…耳栓させて…

お母さん一瞬離脱したい…笑

みたいな日も少なくなく。

その都度、お母さんとしての自分を責めるしかない。

旦那さんもめちゃ助けてくれたのに、それでも

全然楽になれなくて。

f:id:sato0604:20200615090655j:image

外に出たいよー

 

 

「不要不急の外出は控えてください。」

ということで、幼稚園もやすみやったし、

仕事や、いろんな活動、ラジオなどなどお休みしたり、

外にもほぼ出なくて。

あれ?

私って、不要やったんか?

お母さん業も、主婦業もとことん上手くやれてる

気がしなくて。

そんな気持ちになっていました。

 

この、気持ちこそが自己肯定感なんかな。

私は私でいいと思えてない。

だから子どもにもそれを伝えられてないんじゃないか?

という、またマイナス思考のループ

f:id:sato0604:20200615090934j:image

がーん

(変顔次男の横に能面のようにちょっとうつる私。笑)

 

子どもたちもうんと、ストレスをためてたやろうし、

だからといって、それを解消してあげれるほどの

余裕もない。

子どもたちはYouTubeもようみてはったし、

お菓子もいっぱい食べてたし、それだけで不安な毎日。

もちろん、そればっかりにならないようにしたけど

限界もあり…

そんな大変な中仕事をしてる人たちに申し訳ない

気持ちもありながら、だから、あんまり吐き出せ

なかった気持ち。

 

f:id:sato0604:20200615091321j:image

子育てや、家事や、仕事や、趣味や、

自分が自分を認められるときってそれぞれ。

 

でもな、誰かに褒めてほしいーーーと思っててんけど

結局、これでは私は負けへんとか、

これしてるときの自分が好きとか

それが日々の中であるかないかやなとちょっと感じた。

 

自分で自分を褒めたいこと、認めれること

絶対につくろう

そう心に決めた、自粛期間でした。

 

f:id:sato0604:20200615092117j:image

 

例えば、美味しいケーキを焼いてあげたり

一緒に家庭菜園をしたり、

面白い遊びを考えていっしょにやったり

怒らない子育てができたり

子どものために育児書よんだり

私はとっても苦手です。

 

でも子どもが大好きなのはかわりない。

f:id:sato0604:20200615092602j:image

長男が生まれたとき、

笑ってるお母さんでいようと決めた。

 

この2ヶ月の間、次男に「お母さんわらって?」

と何度もいわれた。

涙がでるくらい辛かったし、申し訳なかった。

怒ってばっかりやったよな、ごめん。

 

だから、改めて、

私が笑えることが子どもも嬉しいんやと感じて、

幼稚園がはじまったと同時に私自身も動き出した。

 

f:id:sato0604:20200615095522j:image

大人も、生活に好きなことを増やす。

自分はこれだ!ということを育児以外につくれるなら、

それもいいのかも。

もちろん私のように主婦業に自信が持てない人は。

人はいくつからでもはじめられる。

 

それこそが私の子どもにみせれる姿勢であり、

笑って子どもと向き合えるのかなぁ。

 

お母さんてどんな人かなぁ?と聞いた時

お母さんは、よく笑う人です

って子どもにいうてもらいたいなぁ。笑

 

 

まるこ